えいとにむちゅ-(★)ちゅう3せい(★)ズッコケな日々(★)ひなてぃぶ思考でれっつご-!
--'--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 top▲
2007'07.21.Sat
47魂in山梨2部(:)∞レンジャー
全国47都道府県ツアー

関ジャニ∞
 
え!ほんま!?ビックリ!!

TOUR2007

in山梨(東京エレクトロン韮崎文化ホール)
 



∞レンジャーレポします(★)

ではでは、レポ開始ヽ('з`)ノ 
  ※ネタバレ注意※


関ジャニ戦隊∞レンジャー
 ~エイトレンジャー恋の予感・揺れ動く愛と友情の狭間で の巻~ 


関ジュの子らが殴り合っている←
そして、やすくんのナレーター
「200X年、エイトシティ、ここは誰もが平和に暮らしている街。
しかしかつては平和ではなかった。
誰もががもう駄目だ、もう駄目だ、と諦めかけたその時、
一筋の光が現れた。
愛と、希望と、勇気を生まれ持った戦士達。」

モニターに8人がならんだ映像が!
一人ずつくるくる回って、レンジャーに変身していく
ちなみに、一番最後のイエローは
人差し指をほっぺにくっつけて、ぶっりこポーズ(///)
かっかわいい~
「みんなは彼らをこう呼んでいた。」
ステージから∞レンジャー登場←
∞レンジャー!!!!
で、∞レンジャーのテーマ
「お金はいらないぜ~」のときに三馬鹿、正面にきた-←
カメラがあったので3人で独占してました^ω^
ブラックは、お客さんにマイクわたして歌わせてました←
最後のすばちゃんの「エイトレンジャ~~~~!」のとき
グリーンなぜか、レッドの手を握る
レッドめっちゃびっくりしてたけど
2人で仲良く手を繋いでました かわいいpω^
「エイトレンジャー恋の予感・揺れ動く愛と友情の狭間で の巻」
ブルーが頑張って話してるのに
後ろからひっぱって邪魔をする、レッド

やった-!
「山梨に来たなー!でも山梨の町はほんま平和やな!
 いや~平和っていうのはいいことやから嬉しいなー!」

「ほんまやな~」
「でも、おれら暇やな~」
「ええことやんけ」
「なんか事件あったやつおる?」
「おれ、ある-!」
「お- なんや」
「実は・・・好きな人ができた!」
なっなんやって~!?
「で、なおかつ、告白もした!」
え-!
「それも、年下の子!」
え-!
なぜか、グリーン「やってしまった」的な顔をして
ショックそうにうなだれる←
会場、グリーンみて爆笑(←かわいかったんだもん)
「でもさ、でもさ
 みんな告白とかしたことある?」

「そりゃ~あるやろ」
「じゃあさ、みんなどんな告白するん?
 イエローはどんな告白なん

「え・・・おれ?」
「おん イエローやってみて」

告白(★)YELLOW 
「この前の告白の返事なんやけど・・・
  ・・・そっか あかんか
  やっぱり、おれじゃあかんの?
  ・・・わかった。また告白するわ。
  俺もっといい男になるからそれまで待ってて

会場「きゃ-!!!!」
いった本人、むちゃくちゃ照れてました←
はにかみ最高
「かっこいい-!」
「おっとこまえやな~」
「ひゅ- ひゅ-」
「じゃあ、次は丸ちゃん」
「っは!」
「いってみようか」

告白(★)ORANGE
「誕生日おめでと-!
 いくつになるん? 23才?
 おれの一つ下~♪
 そういえば、ケーキ用意したんよ
 きみの好きな、チョコレートケーキ!
 ろうそくは、大きいのが2本で小さいのが3本な
 では、こんな記念すべき日に、歌うたいたいとおもいま-す!」

オレンジ「Happy Birthday」を歌う←
会場も手拍子しながら一緒にうたう^ω^
「はっぴばーすでぃとう-ゆ-・・・以下略
 はっぴば-すでぃ- でぃあ 俺の好きなひと~
 付きお~てく~れ♪」

歌のリズムに合わせていってました←
会場、歓声と笑い声と拍手が!
おれんじ素敵です
「おまっ いいやんか!」
「やれば、できるんやな」←失礼
「いままでの、オレンジの告白の中で一番ええな」

「で、告白の返事はどうだったん?」
「そうや そうや」
「それが、今日もらうんや!」
え-!
「それじゃ、いかなくていええん?」
「あっもう時間や」
「ええ返事もらえるといいな」
「おん じゃ 行ってくるわ~」
「がんばれよ~」
ブルー退場
「あいつ、大丈夫かいな」
「おい、みんなブルーだけだと心配やし
 おれらで見守りにいかへんか?」 

「ええね~」
「オレンジどーおもう?」
「(両手をあごの下において、手をぱかぱかさせて)
 パンパカパーン!
←説明できない
とにかく、かわいい&おもしろい
すると
「パンパカパーン!」
レッドもすぐのった
で、みんなの期待は隣りのイエローへ←
イエローやっての空気に、戸惑う本人
「イエロー! 一回だけだから」
「・・・/// ぱっパンパカパーン!」
「よくやった!」
隣りのグリーン苦笑い
でも、緑とばし黒・紫へ
「パンパカパーン(はぁと)」
「パンパカパァーン!!」
視線は一気にグリーンへ
「・・・パンパンパンパカパーン!」
アレンジしたよ この人←
よくやった 頑張った!
「えらい! ちゃんとわかってるやん」一安心って感じのグリーンでした^ω^

みんな、右端に移動する
「あっ いたいた!」
上階段ステージに、ブルーと美人マネキン(∀)
「おまたせ!まった?」
「ううん。大丈夫」
「そっか・・・
 あの~天気いいな~」

「そ-だね」
「ね! 見て! あんなとこに虹が!」
「なに冗談いってるの~?」
「あはは ごめんな」
「ねえ、一発芸して!」
「え・・・ええよ」
「・・・パンパカパーン!

お-早速きた-
ブルーはっちゃけすぎだ←
「おもしろい おもしろい」
明らかに棒読みのいいかたする彼女
「え~絶対おもろくないやん それ」
「あ あのな・・・その~・・・」
「・・・」
「ちょっと、沈黙が続いてるぞ」
「ブルー大丈夫か?」
「おれ、ちょっとブルーのところに」
「まってって、ブラック」
「ちょっ ブラック」
「まってや、ブラック!」
イエロ-、ブラックを止める
「ここはひとまず、ブルーの様子を見てみよう」
イエローの不自然な言い方に爆笑
「そうやな」
「えっと・・・
 「「あの!」
「あ、どーぞ」

「いいの。さきにいって」
「じゃあ・・・
 この前の告白の返事なんやけど・・・
 どうかな?」

「・・・ごめんなさい!
 私好きな人がいるの!」

「え~! そっそんな~」
ブルーしゃがみこむ←女の子座り
ブルー!!
「でも、その好きな人ってゆーのは・・・
 目の前にいる、あなたなの!!

「えっ」
「これからもよろしくおねがいしますっ」
「・・・っやった-!!!!!
「ブルー!おめでとう」
ブルー歌い出す
「胸の奥が高鳴るのは~隣りに君がいるから~♪」
曲名は『恋はブギヴギロマンチック
初めて聞いたけど、めっちゃ可愛い曲です
前半はブルーがずっと歌ってて
サビあたりからは、残りの6人でうたってました
残りのレンジャー、お花もってダンス
「やった!これでまた一つの愛がうまえたな」
「ほんまやな」
「おれらも、おどるで」
「おん」
おどりがめちゃくちゃ可愛いです
くるくるまわったり、しててやばいです
そんでもって、ブルーがいっぱい彼女さんとちゅーします
ちゅーするたびに、会場キャーです←
最初ははっぺにちゅっとか
軽く、ちゅ-って感じだったのに
曲の後半では、だい~ぶ深いのしてました(///)
ずっと、ちゅ~ってしてましたからね
ちょっまだ、夕方だよ!ってつっこみたくなりました←
ぶる-の「君はぼくだけのものです!」ってとこ可愛すぎです
↑これいったあと、ほっぺにちゅーしてました^ω^
歌の最後に
踊ってた6人が持ってた花を会場に投げたました!
二・三列目あたりにおちましたね いいな~(∵)
「ブルーよかったな」
「ほんま、こっちまで幸せな気分になるな」
「今日はもう遅いし、帰ることにしますか」
「そーしますか」
「じゃあ またな-」
「ばいば-い」
「また、明日ここでな~」
「うん」
「オレンジ!遅刻するなよ」
「もっちろんさ~」
ブラック以外みんなはける
「あ~ブルーに彼女ができたか
 おれ、今すごい幸せや
 やっぱ、人が幸せになるってええことやな」

そして、時計をさして
「ほら、時計もいいな:いいなで喜んでいるわ」
会場のデジタル時計の時間が丁度17:17だったんです
会場から、「お-!」の声と拍手が
「お-今けっこう俺、すごかったな~
 時計もブルーのこと喜んでくれてるんやな」

ブラックよろこんでると左端に
「あ・・・あれは!」
マネキン彼女と、関ジュの子が!
「おまえ、へんな男と付き合ってるらし-な」
「ちがうわよ あんなの遊び あ・そ・び
 ちょっとその気をだしたら、本気で惚れちゃって」

「お前ほんとに、おれのことすきなんか?」
「私が本気で好きなのは、あなたなの!」
「・・・あかん!今おれ、完全にあかんもん見てしまった!
 ほら、時計も17:18。『いいな、いや』になっとる!最悪や!」

時計ネタ(★)またもや会場から拍手拍手←
「このことを、どうブルーが傷つかないように
 伝えたらええんや-?!」

しゃがみこむブラック

コッケコッコー(鶏の声)
「いや~今日もいい天気やな」
「あ そうブル-! 昨日の告白の返事どうやってん?」
「ききたい?」
「教えろや~」
「・・・おっけいでした!」
「お~おめでとう」
「よかったな」
「パパパパパカーン!」
「え ちゃうやろ パンパカパーンやろ
「あっそっかまちご-た」
オレンジ、自分で考えた一発ギャグをまちがえる←
イエロー冷静に修正してました
「ま- よかったな
 あの子めっちゃ可愛かったし」

「え?なんでしってるの?」
「!ま-ま-、ええやんか」
「あれ?ブラックがまだ来てないで」
「ほんまや」
「遅刻するな言って、自分がしてるやん」
「みんな! 遅れて・・・ごめん」
「お-ブラック」
「遅かったやん」
「おれ、みんなにってか
 ブルーに、言わなあかんことがある」

「おれも、ブラックにいいたいことある♪」
「あんな」
「おれ、付き合うことになってん!OKもらったんよ」
「そのことなんやけどな・・・」
ブラック、ブルーに近づいて手をもつ
「そんな子と付き合わんといてや。
 おれ、お前のことが好きやねん!

会場「え~!」
「え いや おれも好きやで。
 ブラックのことってかみんなのこと。
 いきなりそんあこと言われても・・・
 それとこれとは別やんか」

「あんな女と付き合うなや」
「いや、なんで?」
「ブラックどうしたん?」
「あの子とお前とではつり合ってないんよ」
「は!?」
「ちょ、ブラック」
「別れたほうがいいと思うで」

「なんでそんなこと言うねん!」
ブルー、ブラックを突き飛ばす
「手え-だしたらあかんやろ!手だしたら!」
手なんかだしてないもん!
ナス、ブルーにかけより引き留めるが
ブルーそれを、はじく
「ほら、今!」
「だしてない!だしてないもん
幼稚園生のケンカみたいでめちゃめちゃかわいい
「ちょ さわらんといてや!
「え」
「ブラック、お前なんてもう嫌いや!」
「ぶる-!」
「もう、こっちくんなぼけ-!!」
って言って、はけるブルー
怒り方が可愛いです ほんとにちっちゃい子だよ←

「なんで、あんなこと言ったん?」
「それは・・・別に。ほんまにそう思ったから言っただけや」
「お前! ひがんでるんだかなんだかしらんけど
 人の幸せ壊したらあかんやろ-!」

ぼか-ん!
イエロー、ブラックを殴りとばす
「手だしたら、あかんってゆーてるやろ!」
「お前らに・・・お前らに俺の気持ちがわかってたまるか-!」
「ブラック!」
ブラック立ち去る
オレンジ、イエローに話しかける
「ブラックがあーゆーこと言うのには
 いつもなにか、理由があったやろ
 今回だったきっと!」

「・・・」
なにも言わずイエローたちさる
「ちょっとまってや-!」
「いえろ-!」
オレンジもあとをおう
「なんで、こんなことでバラバラにならなあかんねん
 ブラックどうして、あんなことをゆったん?
 とにかく、こんなことしている暇ないな
 レッド、ブルーの様子をみ・・・」

ナス、必死に話すが、レッドねてて聞いてない
「レッドお!!」
「はっはい なんすか?」
「お前、今ねてたやろ?」

「(ぶるぶると首をふる)」←かわいい
「寝てたやろ!」
「なんのことですか」
「お前な~とにかく今は・・・」

ナスが話し始めるとむにゃむにゃしてまた寝始めるレッド
「ブルーがどこにいるか探す必要が・・・って
 寝てるや-ん!!」
「え いや だから寝てませんけど」
「完璧寝てるやろお前」
「ちゃんと、起きてますよ」
「お前、真剣にせーや。
 今、大変なときなんやで、ブルーがな・・・」

また、寝始めるレッド
「起きろや、レッド!」
「え なに?学校?
「ちがうで、ここ学校じゃないで!」
「なに あ 先生?」
「先生じゃないから
 あなた、だいぶ前に学校卒業したでしょ」
「せやな」
「ほんま、ふざけないでくださいよって
 また寝とるやん!」
「もう うるさいねん お前の声」
「五月蠅くないわ! レッドお前はブルーのこと探してくれ!」
「いえっす さ-」
「たのんだで!」

ナス、レッドの肩をたたく
レッド、ナスに触られたところを
嫌そうに「ぱんぱん」とはらって、はける←
「・・・ちゃんと手、洗ったわ
グリーンのとこにいくと
グリーンも目をつぶって寝ている←
「ちょっ(苦笑い)。グリーン、早くブラックのとこいくで!」
グリーン、目をそっと開けて
ナスのことは無視して、無言のままはける
「・・・お前、寝てるか、起きるかはっきりせぇ-や!」
そのまま、ナスもはける

右端にブルー登場
「なんであんなこと言うん?
 やっと俺が好きな人とつきあえるってゆーのに
 もう、ブラックなんか友達でもなんでもない
 だいっきらいや~!
 もう、しらん、ぼけ、しね!

叫んではけるブルー

ステージ左側んい、土下座しているブラックと関ジュ3人
「お願いします!お願いします!
 ブルーにあの女、ゆずってやってください」

「は?おまえなにいってるん?うえうせーんだよ」
ジュニア、ブラックを殴る
でも、ブラック無反応。まったく動かない
そして、ジュニアきょとんとする
「今回だけ、あの女をブルーにください!」
「なんなんだよ!」
ジュニア、ブラックをまたなぐるが
ブラック無反応←
ジュニア苦笑い
「あいつ、本気なんです!だからだから」
「いい加減にしろよ!」
こんどは、蹴りを入れるが
ブラック無反応←
「ブラック!」
そこへ、オレンジ登場
「ちょっと、3対1じゃ、ひどいんじゃないですか?」
「なんなんだよ こいつ!」
オレンジ、ジュニアに殴られるが
ブラックと同様、無反応(★)
オレンジ、ジュニアに反撃して蹴りをする
バコーン←?
「いって
 おい いくぞ!」

ジュニア3人はける
「オレンジ・・・お前
 とうとう手をだしてしまったな
「やってしもうたな。」
「血ついてるで」
「こんなん大丈夫や」
「さすが衝撃を吸収するエイティングスーツやな」
「それにしても なんで、一人抱え込んだん?」
「それは・・・お前らに迷惑かけたくなくて」
「イエローの言ってたことはほんまやったんやな」
「イエローが?」

「出ておいで、イエロ-」
すると、カーテンの隙間から、こっそり顔を出すイエローが(///)
捨てられた子犬のような顔をして覗いてる←
「イエロー!」
「ぶらっく・・・なんで相談してくれへんの?
 なにか、あったら俺らに相談しろや」
←甘えた泣きそうな声
「・・・お前やって、さっきのパンチ本気やなかったんやろ
 ぜんぜんいたなかったで。」

「ブラックに、本気のパンチなんてできるわけないやん」
「ふっ 二人とも不器用だからな←むっちゃ渋く
オレンジの一言で会場爆笑
「ほら、2人とも仲直りして」
手を繋ぐ2人。それをみてほほえむオレンジ←
そして、『この星が輝く理由』のイントロが!
ステージ上にはレッドとブルーが!
「ほら、見てみい・・・この手袋。
 みんなお前のために、徹夜で夜なべしたんや

「この手袋そうやったんや・・・ みんなありがとう!」
なぜか、手袋のはなしに←
真剣に手袋を見つめる二人に爆笑の会場
で、レッド歌い出す←超渋く
で、二人でなんか、コントみたくはじめる
レッドの手の動きにブルーが引き連れられてく感じ←?
途中でレッドの手とブルーの鼻がぶつかって
二人ともビックリして、笑ってた
でもね、2人をあんまりよく見れなかったのよ
だって、オレンジが下ステージでずっとへんな踊り(舞?)してたから←
真剣な顔してずっとおどってたので
黒・紫・緑・黄もびっくり←
ってか、4人ともめっちゃ笑ってました^ω^
オレンジ!君、目立ちすぎですよ
だってメインは、青赤でしょ←笑
曲が終わって、ブルー、ブラックに抱きつく
「ブルー、ブラックはな、あの女のこと一番に気付いたんやぞ」
「ブラック・・・」
「そんなブラックの気持ちに気付いたイエロー」
「レッドだって、お前のこと心配して、そばにいてくれてたやんか」
「うん」
「オレンジや、ナスやグリーンだって
 お前のこと心配してたんやで」
真剣な場面での、ナス発言に会場から笑い声が
ナスレンジャー苦笑いする
「もうええやろ、あの女に一発、がつんといってきたれ!」
「おん」
「おい!あそこ見てみろや!」
「あいつ、また男とおるやんけ」
ステージ右側に、マネキン女と彼氏(関ジュ)が!
「ぶる-!さあいってこい」
「一発、なぐってきてやれ」
「わかった」
「がんばれ」
ブル-、2人のとこへ行く。
「あの・・・ちょっといいかな」
「なんや、お前ややこしいことなっとるやんけ
 ちゃんと、解決してから、俺んとここいや」

そういって、彼氏はける
「やっぱり、別の男おったんや」
「ちっちがうの!誤解なのこれは」
「誤解・・・」
ブルー、不安そうに、振り返ってブラックを見る
「ちがう。いっかいや!」
会場「・・・?(きょとん)」
その五回じゃなくて!
会場「・・・あ~~!」
ブラックが、「誤解」と「五回」をかけてボケたけど
会場のほとんどが気付かなくて
ブルーのつっこみでみんな納得
「これは、じわりじわりなんやな」
ブルー、女のほうを向いて
「お前なんか、お前なんか もういいわ!!
ブルー、女にビンタしようとするが寸止め。
そして、しゃがみこむ←女の子座り
「やっぱり、自分・・・女殴れないっす!
泣き出すブルー
ブルー!!
みんな駆け寄る
「手は出したらあかん!」
「ブル-!お前はそれでええねん。手だしたらあかんよ」
「お前はやさしいからな」
「かっこええやん」
「さあ、いこう」
みんなで、ステージ中心へもどろうとする
が、グリーンだけ、女の近くにいき
「おまえ、あんま男なめんなよ
とクールに一言←会場キャー
ブルー、女のところに走ってかけより
「あんな、その・・・おれは楽しかったから
 短い間だったけど、幸せだったし
 ありがとうな。 幸せになってな
←優しい言葉に感動
「あんたも、幸せになんなよっ♪」←超かるい女
お前がゆうなや!
ナス、女につっこみを入れる(頭ぱこーん)←
「おっまえ!手だしとるやんか」
「あはは♪あはは♪はははは~ん♪」
「こいつ頭、おかしくなっとるやん」
「ほっとけ ほっとけ 逃げろ逃げろ」
みんなステージ中心へ
ブラックだけ、女のとこいって、何故か握手してくる
「・・・なんかさ、信頼できる女なんかそんな簡単におらんのかな」
「ブルー!なにいってるん?
 ここには、素敵な女性がたくさんおるやんか!

会場「きゃ-!」
やばいね 大倉やばいよ えいた-殺しの一言っす←
「みんな、あんな、おれなみんなにいいたいことあるんよ」
ブルーめっちゃ泣き声
「あんな おれな ほんまにな」
ブルーほんとに、泣いてました
涙ながしてましたよ
ブルーの必死さに、笑い出す6人
「おれな、みんなのこと好きやねん!」
その一言に、爆笑するえいと←失礼
「ブルー どうしたん」
「ぐすっほんまに大好きやからな」
ナスこらえきれなくて、吹き出す←失礼
うわああああああああん
「え ブラック!?」
ブラック、急に騒ぎ出して上ステージへ行く←
「うわああん うわああん」
「ちょっとなに? ブラックまで」
「あんな、泣きたいけど、涙がでえへんねん!

えいと・会場爆笑
「はあ?」
「いい場面だし、俺も泣いた方がええんやけど
 全然でないんよ」
「ええよ 別にだそうおしなくても」
「気持ちは泣いてるんやで、でもな涙が流れないんよ」
「だから、大丈夫やから!おりてこいや」
「(喉に指つっこんで出そうとする)~!ダメや で-へん」
「ちょ 無理に出そうとしなくてええから!
 そんなんやったら、違うものがでてきしまう!」←

「ブラック、もうあきらめろや」
「なんで、涙でないん? おれ」
「知らんがな!」
「涙でないけどな、おれな」

「ん?」
ここでいきなり
「たった一言だけ~ みんなに伝えてあげられるとした~ら~♪」
「ちょっ ぶっ」
「ここでくるんかい」
となって、『ありがとう。』を歌いました。

これにて、終了ちゃんちゃん(∀)








長々と書いてしまった←
これでも一応削ったんだけどなω・`
文章下手でごめんなさい
にしても
ナス、「手だしたらあかん」ばっか言ってるな~

残りってるレポも、近日中に公開します
スポンサーサイト
Comment
Tank you for Happy Comment!!
No subject
レポお疲れー
そして久しぶリ(^ω^)!←
亀返ごめんねっっ(´`汗)

ファンサ結構もらった系ですか?
2007/07/23(Mon) | URL | 美紗 #-[ edit ]
No subject
レポすごいなぁ!!
よく覚えてたねッッ
あたしも8/7だよmmmm
今からめっちゃ楽しみ+*。
でも、チケットがまだこないんだけど...
いつきた???
2007/07/22(Sun) | URL | ぁや◆??'`{博亮∞ #-[ edit ]
No subject
あたしこそお久しぶりになってしまって・・・
これからもぜひよろしくお願いしますっv-238

レポ読ませてもらいました=。
なんか楽しい雰囲気がこっちまで伝わってきて、
楽しみになってきたよ~d(∀`**d)
ありがとうv-22
裕君が可愛らしい、ほんとコンサートの時間ってあっとゆうまだよね
ずっと続いてほしいといつも思う(*´Å`)=3←
2007/07/22(Sun) | URL | 実季 #OARS9n6I[ edit ]
No subject
元気かあー!良かったぞ(^ω^)
ずっと絡ンでなかったから
心配しててン汗
ええなーえいと魂(´ω`)
うちも行きたい!
2007/07/22(Sun) | URL | Re!赤'`★錦 #RSx9Hk0E[ edit ]
No subject
不器用ですか!?
一緒やん!←
落ち着いたらリヌですか!?
いいねー!←
ヴぉくはこの前したし・・。
まあ気分で変えますかねー!

成績ね・・・。
努力の成果よ!
頑張ればええんだよ!
頑張ってくださいね☆★
ヴぉくも頑張る!2学期の成績ガタ落ちしたら困るもん・・・。

気づいてくれたらええけどなー!
もうすぐなのよ!!!!
内輪できてないから!!
2007/07/22(Sun) | URL | 亮'v`艸)みひ #-[ edit ]
No subject
是非しましょーッヽ(´ー`)ノ
嫌でもしちゃうんだから★死

僕は勝運の中丸さんです←
あ、鼻丸でも…(待
ただくらさん僕も好き♪何
ドラム素敵まっくす(∀)
2007/07/22(Sun) | URL | にょき`・ω・´ #bQUl0CBk[ edit ]
コメありがとう(^ω^)♪

そーです!にっきど命です★←
のっぽさんか!! 誰

亮解~(・ω・)!
2007/07/21(Sat) | URL | リン #-[ edit ]
No subject
あたしも魂で使いすぎて
THE 金欠だよ(´;ω;`)
エイトはあたしらからどんだけ金取るんだ!!!←

惚れ直しましたか\(^O^)/
あたしもちょっと大倉さんに
浮気しそうになりましたが
今は大丈夫b
2007/07/21(Sat) | URL | あみ #-[ edit ]
No subject
訪問ありがとう#♪
遠慮無くタメ口でいきます←
相互もしちゃいましたー

またまたレポ読ませてもらいました★!
ここまでわかりやすく書いてあると
妄想しやすい←え
さきは物覚えがいいんだね!
一言一言覚えてるなんてすごいよ$!
2007/07/21(Sat) | URL | 亜由 #-[ edit ]
Comment Form
Thank you for Comment!!
Name
Subject
URL

 管理者にだけ表示
Track back
Thank you for Track Back!!

Template by Girl's Dis
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。